2019年6月18日(火)

エア・ウォーター、福山に産業ガスのプラント

環境エネ・素材
中国・四国
2019/4/25 18:53
保存
共有
印刷
その他

産業ガス大手のエア・ウォーターは広島県福山市に液化酸素と液化窒素の高効率小型プラントを建設した。岡山県から広島県東広島市にかけて集積するものづくり企業や病院に産業用ガスや医療用ガスを供給する。25日に竣工式を開いた。

25日に始動したエア・ウォーターの酸素・窒素プラント(広島県福山市)

ガス供給会社の藤井商事(福山市)と共同出資で福山液酸(同)を設立し、約15億円を投じてプラントを建設した。エア・ウォーターの高効率小型施設としては全国17カ所目。製造能力は酸素が1時間あたり700立方メートル、窒素が同1600立方メートル。24時間稼働する。

産業用ガスは大型施設で大量生産し各地に運ぶのが一般的だが、同社は高性能タービンなどの独自技術を使い効率よく生産できる小型施設を需要地の近くに建設する動きを強めている。これにより輸送費を節減できる。東日本大震災以降は災害時に病院に安定供給できる体制整備のニーズも高まり「(高効率小型施設を)空白エリアに建てていく意義は大きい」(白井清司社長)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報