/

この記事は会員限定です

[社説]長期化する金融緩和、副作用に目配りを

[有料会員限定]

日銀は25日の金融政策決定会合で、現在の金融緩和策を維持すると同時に、これまで「当分の間」としていた現在の超低金利政策を維持するメドについて「少なくとも2020年春ごろまで」という文言を追加した。

黒田東彦総裁は同日の記者会見で、この変更について「強力な金融緩和の継続をより明確にすることが重要だと判断した」と説明した。

世界経済が減速し日本の景気の先行きにも不透明感が出るなかで、今年10月には消費税率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン