/

この記事は会員限定です

[社説]強制不妊手術の検証徹底せよ

[有料会員限定]

旧優生保護法のもと強制不妊手術を受けた障害者らの救済法が24日成立、施行された。安倍晋三首相は、被害者への反省とおわびの談話を発表した。

旧優生保護法は、戦後の食糧不足などを背景に1948年に制定された。「不良な子孫の出生防止」を掲げ、本人の同意のない手術まで認めていた。

同法にもとづく手術を受けた被害者は約2万5千人いる。障害者差別にあたるとして、手術の規定が96年に削除された後も、この問題は放...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン