2019年5月26日(日)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
5月24日 150.312 +0.084

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

航空貨物輸出量、18年度は4%増 11年ぶり高水準

サービス・食品
2019/4/25 18:23
保存
共有
印刷
その他

航空貨物運送協会(東京・中央)がまとめた2018年度の航空貨物輸出量(混載貨物ベース)は121万5266トンと17年度比で4%増えた。3年連続の前年超えで、07年度以来の高水準となった。自動車部品や半導体関連を中心に輸送需要が旺盛だった。ただ、米中貿易摩擦の影響で景気が減速した中国向けが落ち込み、昨年末から輸送量は減少が続いている。

18年度の航空貨物の輸出量は高水準だった

航空貨物は世界景気の拡大を映し、16年後半から輸送需要は高水準が続いた。全体の輸出量は台風で関西国際空港が一時閉鎖された18年9月を除き前年同月を上回ってきたが、昨秋から中国向けのスマートフォン(スマホ)部品など電子部品の荷動きが減速。中国向けは9月以降減少が続く。

全体でも18年12月に減少に転じた。19年3月単月の輸出量は9万1905トンと前年同月比で22%減った。特に中国向けは30%減と7カ月連続の前年割れ。自動車部品が主体の米国向けも17%減と2カ月連続で前年を割り込んだ。

航空会社からスペースを仕入れて荷主の貨物を積み合わせる混載貨物事業者(フォワーダー)は「18年12月以降、スポット(随時契約)運賃は安値が出やすくなった」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム