/

この記事は会員限定です

変わる課徴金、不正逃さぬ 企業は高額納付を懸念

[有料会員限定]

違反行為をした企業に対し、課徴金を課したり調査への協力を促したりする動きが広がっている。医薬品医療機器法(薬機法)は誇大広告で医薬品を販売した企業に多額の課徴金を課せるようにするほか、独占禁止法は課徴金の減免を柔軟に運用できるようにする。スピードを重視した行政によるペナルティーで、効果的に違反行為を抑える狙いだが、事案によっては高額納付を命じられる可能性があり、企業からは警戒する声が出ている。

(江藤俊也)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン