米連邦通信委、5G展開都市「19年に3倍」
米主導でファーウェイ排除、改めて強調

2019/4/25 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋そら】米連邦通信委員会(FCC)は次世代通信規格「5G」への対応を強化する。商用サービスを2019年に全米40都市と18年の3倍まで拡大させる。新たな5G用電波の割り当てや機器の設置規制の緩和を通じ、民間企業の投資拡大を促す。機密情報の保護を徹底するため中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品への新たな対策も検討する。

「米国は今では5Gの展開で世界最大だ」。FCCの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]