/

はやぶさ2、人工クレーターを撮影 作製は世界初

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」につくったクレーター(くぼ地)を発見し、撮影に成功したと発表した。金属弾をぶつけた場所が直径10メートル以上にわたってくぼんでいた。探査機が小惑星に人工のクレーターを作るのは世界初の快挙。5月下旬以降、クレーター付近への着地を試みる。太陽系が誕生した46億年前の痕跡が残るとされる地中の岩石などの採取を目指す。

同日の記者会見で津田雄一プロジェクトマネージャは「クレーターをつくれた。大成功といっていい。飛び上がるくらいうれしい」と喜びを語った。「直径10メートルくらいの領域にわたって地形が変化しているのが分かる」と説明した。

はやぶさ2は5日、りゅうぐうに金属製の弾丸を衝突させた。砂などが舞い上がる様子がカメラに映り、地表にクレーターができたとみられていた。

はやぶさ2は25日昼に高度約1700メートルまで近づき、金属弾が衝突したと推定される場所を上空から撮影。衝突前の3月の画像と比較し、以前にはなかったクレーターを特定した。

人工のクレーターをつくる試みは太陽光や宇宙線の影響を受けにくい地中の岩石や砂をむき出しにして観察したり、採取して地球に持ち帰ったりするのが目的だ。地中には太陽系が誕生した46億年前の痕跡が残るとされ、宇宙の成り立ちなどを探る手がかりになる。

JAXAはクレーター付近に着陸し、地中にあった物質の採取も検討するが、地形が険しすぎる場合は断念する。上空からの観測だけでも、地表と地中の物質にどのような違いがあるのかなど貴重な情報が得られる。

小天体の地中を調べる試みは世界でも珍しい。米航空宇宙局(NASA)の探査機「ディープインパクト」は05年に彗星(すいせい)に観測機器を衝突させ、飛び散った物質を観測したが、着陸や採取はしていない。「米国版はやぶさ」とも呼ばれる小惑星探査機「オシリス・レックス」にはクレーターをつくる計画はない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン