日米貿易交渉、2段階で成果 大筋合意は参院選後 協議継続確認へ

2019/4/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=飛田臨太郎】日米両政府は26日(日本時間27日)の首脳会談後、貿易交渉のペースを速める。日本側は6月下旬に予定する首脳会談で一定の方向性で一致し、夏の参院選後に大筋合意をめざす段取りを描く。来年秋の大統領選の前に成果を得たいトランプ政権に配慮しつつ、参院選への影響を最小限にとどめる狙いだ。

26日の首脳会談に先立ち、茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]