2019年6月27日(木)

循環で考えるマーケティング(8) 時代に対応した研究の必要性
清水聰 慶応大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/4/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

SNSが登場してから、消費者のメディア接触は大きく変わりました。一昔前まで店に入ってしまえば外部の情報とは遮断され、店の中の情報だけが頼りになるため、店内のプロモーションが重要と言われました。今や店内でもスマートフォンを駆使すれば店の外とつながり、店は商品を見るだけのショールームになりかけています。当然、消費者の意思決定のやり方も以前とは異なります。

循環型マーケティングは、この新しい時代の消費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。