/

この記事は会員限定です

都道府県19年度予算 災害対策に重点 本社調査

[有料会員限定]

新年度の重点事業は災害対策がトップ――。日本経済新聞社が2019年度の都道府県予算(一般会計)を調査・集計したところ、頻発する災害からの復旧や、被害を最小に抑える防災・減災に事業費を手厚く配分する姿が浮かんだ。1年後に迫る東京五輪・パラリンピック関連の支出も目立つ。歳入面では堅調な企業業績を反映し、法人税を中心に多くの自治体が拡大を見込む。(「日経グローカル361号」に詳細を掲載)

18年7月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン