2019年6月26日(水)

天守閣先行解体を要請 河村名古屋市長、文化庁に

中部
2019/4/25 17:27
保存
共有
印刷
その他

名古屋城の木造復元事業を巡り、名古屋市の河村たかし市長は25日、文化庁を訪れ、現在の天守閣を先行して解体できるよう要請した。河村氏によると、現在の天守閣の耐震性や解体の意義に加え、復元によって日本の木造文化を世界に発信できるなどと村田善則次長らに説明した。

市は19日、解体のための申請を同庁に提出している。5月に行われる文化庁の文化審議会を経て、早ければ6月にも許可を得たい考えだ。

面会後、河村氏は記者団に「木造復元は市民の切なる願い。手応えは十分だ」と述べた。

名古屋城は国の特別史跡で、現状の変更には同庁の許可が必要。市は当初、解体と復元の許可を一体で申請する方針だったが、石垣の保全方法が決まらず解体を先行させる計画に変更した。石垣の保全を議論する市の有識者会議は、現行計画に反対している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報