2019年6月17日(月)

地銀再編 攻防1000日(16)「恩売る」ライバルの思惑

金融機関
九州・沖縄
2019/4/26 6:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「あえて十八銀行と親和銀行の統合に有利になるような発言をした」。ある九州の地銀首脳は打ち明ける。

公正取引委員会は統合審査の最終的な結論を出す1週間ほど前、ひそかに九州を訪れた。ふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀行の経営統合による影響をライバル行に直接、聞き取り調査するためだ。「債権譲渡は長崎での取引拡大の契機になりますか」。公取委の担当者が問うと、地銀側から肯定する声が相次いだ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報