高松の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

コラム(地域)
2019/4/26 6:00 (2019/7/24 17:14更新)
保存
共有
印刷
その他

(1)大巻伸嗣「Liminal Air-core―」★★★★

島々への船を待つ間、高松港を散策してみよう。いくつもの作品に出合えるはずだ。船着き場近くで港を見下ろす2本の塔は高さ約8メートル。赤、白、青、緑色に彩られ、一部は鏡面にもなっている。自分の顔が映り、港の景色が移る。旅立ちの場所で祝祭的な気分を盛り上げてくれる。

(2)リン・シュンロン「国境を越えて・海」★★★

これも高松港に面した場所に設置された作品。長い漂流を経た巨大な種をイメージしたという。会期中は作品の内部に入って遊ぶこともできる。船着き場からはやや距離があるので、船の出航時間に注意。

(3)ジュリアン・オピー「『銀行家、看護師、探偵、弁護士』」★★★

高松駅東側の玉藻公園の出入り口に道を歩く人物4体の彫刻がある。いずれも地元産の石材で作られたという。付近は駅前で通行人が多い場所。職業も性別も様々ながら、彼らと同じく道行く人となって高松を歩こう。

(4)本間純「待つ人/内海さん」★★★

高松駅前の長距離バスの発着所。待合室の外壁に人々の彫刻が鉄板で施されている。外壁の石材と同じような質感で作られている。大きな荷物を持っていたり、台車を押していたり、ロバを連れていたり。バスを待つ時間を彼らと過ごそう。うっかりしていると見通してしまうので注意しよう。

(5)谷山恭子「I'm here. ここにいるよ。」(夏のみ)★★★

多くの市民でにぎわう市民プール内に雲の形のオブジェや瀬戸内の島の稜線(りょうせん)をイメージした装飾を設置。水色のプール、隣接する海や空の青に白い雲のオブジェやカラフルな作品が映える。いつもの市民プールが瀬戸内のここにしかない空間に変わり、この場所とそこにいる自分の存在の関係への問いを投げかけてくる。

(6)西堀隆史「うちわの骨の広場」(新作、夏秋のみ)★★★

かつて倉庫として使われた建物を改装し、今はカフェやレストランなどとして使われるレトロな一角の中庭のような広場。その壁面と頭上を覆うのは丸亀市名産のうちわの骨約6千枚をつなぎあわせた作品。うねるように、瀬戸内の海を思わせる潮や渦のように空間を演出する。

(7)KOSUGE1-16「LEFTOVERS」(新作、夏秋のみ)★★★

何気なく歩いていると見過ごしてしまいそうな建物と建物の隙間にある小さな路地に、ひっそり吊された小さなシャンデリア。高松市近くで産出される花崗岩・庵治石のひんやりとした艶と苔のような有機的な緑、対照的な素材が組み合わさって路地空間に光を灯す。  

(8)香川漆芸の展示(新作、夏秋のみ)★★★

江戸後期から海外の技術なども取り入れて独自の発展を遂げてきた香川の漆芸作品を展示。いずれも漆らしい艶は共通するが、陶器と見間違えそうな質感を備えたデザインなど漆のイメージを広げる作品が目を引く。

(9)石原秀則「うどん湯切りロボット」(新作、夏秋のみ)★★★

右にうどんをゆがく網「てぼ」、左には「だしの入ったやかん」を持ったロボットの前に立つと「讃岐うどんの正しい食べ方をお教えします!」。容器をセットすると、うどんの温め方や食べ方を丁寧に説明しながら、うどんを提供してくれる。うどん県の真骨頂を味わえる愉快な経験だ。

(10)ニコラ・フロック「Watercolors」(新作、夏秋のみ)★★★

世界中の海に潜り、そのリサーチ・体験に基づく作品を発表してきたフランス人作家が瀬戸内海を表現。海で採取されるプランクトンから着想を得た竹製の帽子によるオブジェと日本とフランス各地の海を撮影した写真作品で構成。窓に張られた写真を通して室内に差し込む海の色の光が室内を満たす。

(11)太田泰友×岡薫/香川大学国際希少糖研究教育機構「Izumoring-cosmos of rare sugar」(新作、夏秋のみ)★★★

香川大学や県などが研究に取り組む自然界にごくわずかにしか存在しない「希少糖」は医療など食品以外の分野への利用も検討されているという。糖をイメージしたオブジェ、ブックアートで構成された真っ白な空間で、研究員らの解説を聞いたり、実際に味わってみたりしながら希少糖の世界を体感し今後の可能性に思いをはせる。

(12)宇川直宏「DOMMUNE SETOUCHI」(新作、夏のみ)★★★

2010年から文化に関するトークや音楽ライブ・DJの様子をインターネットでライブ配信してきた「DOMMUNE」のサテライトスタジオが高松に。昼間はこれまでの配信番組を公開。夜は瀬戸内国際芸術祭の出展作品や瀬戸内地域の芸能や風俗に関するトーク、実験的な美術、音楽など多岐にわたる番組を制作しながら全世界に向けて生配信する。

(13)香川県立ミュージアム「自然に挑む 江戸の超(スーパー)グラフィック―高松松平家博物図譜」展(春のみ)、「祭礼百態―香川・瀬戸内の『風流』」展(夏のみ)、「日本建築の自画像:探求者たちのもの語り」展(秋のみ)★★★★

春夏秋の各会期で企画展を開催。「自然に挑む」展は驚くほど緻密に描かれた作品が並ぶ。今にも跳びはねそうな魚たち、飛び立ちそうな鳥たち、花の香りまで漂ってきそうな植物たち。高松藩主の松平家に伝わった作品であり、江戸絵画の奥深さを見せつけられる。

(14)高松市美術館「宮永愛子:漕法」展(夏のみ)★★★★★

女木島で「ヘアサロン壽(ことぶき)」を展示する宮永愛子の作品を高松市美術館で紹介。透明な絵画に気泡をとじ込めた「life」は、反対側から絵をのぞき込む人が作品中に入ってしまったかのような見え方をする。出会いの不思議さ、はかなさを感じさせる展示だ。見た目にも涼やかで、暑さを忘れさせてくれる。香川県で採れる音の出る石「サヌカイト」を使った作品は人間同士のつながりを想起させる。13トンものサヌカイトは一つの家族が4世代で集めたという。石で表現された波上をこぎ出す小舟。行き着く先で、誰かの心に染み入る音色を残す。

(15)ラム・カツィール「Suitcase in a Bottle」(新作)★★★

高松駅前から東へ7キロほど。日本の民家などをテーマにした野外博物館、四国村の内部にある。池に浮かんだ巨大な瓶の内部に旅行用のスーツケース。ボトルメールならば瓶の内部は手紙であるべきだが、なぜスーツケースなのか。現代における旅行や移動、意思疎通のあり方を問いかけているのだろう。池に掛かるかずら橋を渡りながら作品に眺めたい。四国村への入場料が別途必要。

(16)東京芸術大学×シカゴ美術館附属美術大学「グローバルアート共同プロジェクト」(新作、秋のみ)

(17)金氏徹平「S.F(Smoke and Fog)」(新作)★★★

高松駅前から車で30分ほど。源平合戦で有名な屋島の山上を車で行くと、曲がり角の脇に大きなパネルが出現する。屋島の夕暮れ時の風景を撮った写真だ。周囲には温室や石材、道路の反射板、ミラーなどが散乱している。自然と人工の対比を考えさせる。

(18)ジョン・クルメリング「Watch Tower」★★★

あじ竜王山公園にある展望台。高松駅から車で約40分、駐車場からさらに10分ほど歩く。望楼(watchtower)とかけたダジャレで腕時計(watch)の形をしている。作品に上れば、島々が浮かぶ瀬戸内海を三方ぐるりと見渡せる。作者の遊び心に乗っかるつもりがなくても、思わず景色を「ウオッチ」してしまう。

(19)ヴェロニク・ジュマール「ウェルカム/ファニーブルー」★★★

高松空港のロビーにある2つの作品。「ウェルカム」は金色の直方体のようにも見えるが、近づくと天井から垂れ下がる細長い布4枚で構成されていることが分かる。「ファニーブルー」は2階にある青い窓ガラス。空港外の風景が青く染まって見える。空港で高松にアクセスするなら見逃せない。

(以下2点は各会場で見られる「広域」の作品)

〈1〉ジョゼ・デ・ギマランイス「フラワー」★★★

案内地図の掲示板。会場となるそれぞれの島をイメージした絵が原色で描かれ、青い空と海に映える。瀬戸の島々を巡るうきうきとした楽しさを引き立ててくれる。ポール状の「ハッピースネーク」とともに、島に上陸したらまず探してみるのも一興。

〈2〉ジョゼ・デ・ギマランイス「ハッピースネーク」★★★

花束と幸福の蛇をイメージした看板状の作品。訪れる人たちを各国の言葉で歓迎してくれる。記念撮影にも絶好のスポットだ。

【関連記事】「瀬戸芸」夏会期 作品を5段階評価

【各島・港の作品ページ】
(1)直島
(2)豊島
(3)女木島
(4)男木島
(5)小豆島
(6)大島
(7)犬島
(8)沙弥島
(9)高松
(10)宇野
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]