三井物産、米で水素スタンド 燃料電池車普及に備え

2019/4/26 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井物産は4月上旬、米国で燃料電池車(FCV)向けの水素スタンド事業に参画した。トヨタ自動車なども協力する同分野の米大手企業に13億円融資し、スタンド展開を支援する。将来は日本、中国などでも展開する。FCVは「究極のエコカー」と言われながら、スタンド不足が普及を阻む要因となっている。ノウハウを吸収し、将来の成長市場に乗り遅れないようにする。

水素ステーション大手の米ファーストエレメント・フューエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]