ザッカーバーグがTシャツを脱いだ日
ミレニアルの憂鬱(1)

ミレニアルの憂鬱
2019/5/6 2:00 (2019/5/7 1:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年、ミレニアル世代(23~38歳)は米国で最大の人口グループになる。かつては「新世代」として注目された彼らも、社会の中核として責任を背負うようになった。世代の代表格がフェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ(34)。ネット業界の寵児(ちょうじ)ともてはやされた彼も、個人情報の大量流出で評価は一転し、厳しい目にさらされている。

【次回記事】神様ではないレディー・ガガ

■女子学生品評サイトで

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]