沙弥島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

コラム(地域)
2019/4/26 6:00 (2019/5/7 22:35更新)
保存
共有
印刷
その他

(1)ターニャ・プレミンガー「階層・地層・層」(春のみ)★★★★

瀬戸大橋記念公園内に設置され、芝で覆われた高さ6メートルの小高い丘。らせん状のなだらかな道をのぼると絶好の展望スポットに。海上を一直線に伸びる瀬戸大橋の橋脚や自然豊かな公園の風景が見渡せる。

(2)Yotta「ヨタの漂う鬼の家」(新作、春のみ)★★★

世の中の境界線からはみ出し排除されたものを題材に制作してきた作家たちが、明治ごろまで存在した船で生活する漂流漁民「家船(えぶね)」をモチーフにとり、船の上で生活ができるよう甲板に台所や部屋を公開制作していく。秋会期までには船を海に浮かべ、作家が実際にそこで生活する計画も。

(3)五十嵐靖晃「そらあみ〈島巡り〉」(新作)★★★★★

幅60メートルのカラフルなネット。瀬戸大橋で結ばれた5島の住民とワークショップを開き作製した。皮肉にも、橋が出来たことで船での人の往来が減少。島を再びつなぐという思いを込めた。潮の満ち引きや天候、太陽の位置によっても表情が変わるので、長時間眺めたくなる。秋までに西の島々でもワークショップを開き、塩飽諸島の島をつなぐ象徴になる予定。

(4)アナヒタ・ラズミ「フードクラブ」(新作、春のみ)★★★

閉鎖した学校の理科室、棚には日本とイランの食材が並ぶ。これまであまり交わってこなかった日本とイランの食文化を組み合わせたらどんなものができるだろう? 白衣を着て、イランにルーツを持つ作家が主宰する「料理の実験室」は新たな文化を生み出せるだろうか。新たに生まれたレシピに目を通しながら、1990年前後の日本でイラン人の不法滞在者が増えたことなど、両国間の歴史も考えさせる。

(5)南条嘉毅「一雫の海」(新作、春のみ)★★★★

光を遮断した室内を進んでいくと、かつて会場周辺に広がっていた塩田の風景にまつわるインスタレーションが続く。現在では姿を消してしまった塩田をめぐって、地元の坂出出身の作家がその記憶と時間の蓄積をテーマに、一滴の水が地面に浸透して時間をかけて塩の結晶を作り出していくようなイメージをみせてくれる。

(6)レオニート・チシコフ「月と塩をめぐる3つの作品」(新作、春のみ)★★★

ロシア出身の作家がモチーフとしてきた「月」と、かつてここに広がっていた塩田、そして沙弥島に和歌を残した柿本人麻呂など地域の記憶をつないだ造形作品とインスタレーション3作品で構成する。塩の白さは作家自身の故郷に積もる雪の記憶を呼び起こし、それらが混然一体となって詩情を醸し出す。

(7)マデライン・フリン+ティム・ハンフリー「ピボット」(新作、春のみ)★★★

元校庭に置かれた3台のシーソー。構成主義を思わせるようなデザインにまたがってみると、持ち手にはマイクが仕込まれていて、話しかけるとAIが近隣の島で得られた情報や言葉、ジョークなどを交えて少しとぼけたような詩的なような言葉で応答してくれる。1台ずつそれぞれが日本語、英語、台湾語に対応する。

(8)大岩オスカール「大岩島2」(春のみ)★★★

白いエアドームに足を踏み入れると、瀬戸内をイメージした海の風景が360度、黒で描かれている。モノトーンながらにぎやかな筆致だ。離れた場所にいる人のおしゃべりの声がドーム内に反響し、まるでそばにいるかのように聞こえ、うきうきした気分をいっそう高める。

(9)蓮沼昌宏「12島と港の物語 回遊式アニメーション」(春のみ)★★★

回転式のパラパラマンガ。瀬戸芸の会場である12の島と港にまつわる短いお話が展開される。「鬼ケ島」と呼ばれる女木島なら鬼のカップルがいたり、石材を古くから産出した犬島なら石材に脚が生え、とことこと歩いたり。かわいらしく、ちょっと笑えるものばかり。大人が童心に返り夢中になる姿も作品同様、ほほえましい。

(10)藤本修三「八人九脚」(春のみ)★★★

その名の通り、二人三脚を拡張したように9本の脚がある8人がけのカラフルなベンチ。本州方面に海上を伸びていく瀬戸大橋をながめ、潮風に吹かれながらのんびりとくつろげる休憩スポット。

【関連記事】「瀬戸芸」夏会期 作品を5段階評価

【各島・港の作品ページ】
(1)直島
(2)豊島
(3)女木島
(4)男木島
(5)小豆島
(6)大島
(7)犬島
(8)沙弥島
(9)高松
(10)宇野
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]