2019年7月18日(木)

衆院憲法審、今国会初開催 実質討議はなし

憲法改正
政治
2019/4/25 13:21
保存
共有
印刷
その他

衆院は25日、今国会では初めての憲法審査会を開き、日本民間放送連盟(民放連)への参考人質疑を5月9日に実施すると決めた。実質的な討議はなかった。国民投票法で定めるテレビCMなどの広告規制のあり方を巡り民放連に意見を聞く。

民放連への参考人質疑は立憲民主党など野党が求めていた。与党筆頭幹事の新藤義孝氏(自民党)は憲法審後の幹事懇談会で、参考人質疑の終了後に期日前投票の利便性などを公職選挙法と同じにする国民投票法改正案の質疑と採決をするよう野党側に提案し、与野党で協議を続けることとなった。

5月9日の参考人質疑は2時間の予定。野党は今の国民投票法では投票日の15日前まで広告・宣伝活動が原則自由になっている点を問題視し、規制を設けるよう主張している。自民党はCM規制には慎重な立場だ。民放連はCM量の自主規制はできないと主張している。現在提出されている同法改正案にはCM規制は盛り込まれていない。

野党筆頭幹事の山花郁夫氏(立民)は憲法審後、記者団に「国民投票法全体の姿をどうするかの議論だ。CM規制に関するヒアリングをしたから提出されている改正案を採決してもいいというのは違う」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。