/

バンクシーの絵? 都庁で5月8日まで公開

(更新)

東京都は25日、正体不明の路上芸術家、バンクシーが描いた可能性があるネズミの絵を公開した。都庁の第1本庁舎2階北側のロビーで、5月8日まで展示する。

都庁で一般公開された、バンクシーが描いた可能性のあるネズミの絵(25日、東京都新宿区)=森山有紗撮影

作品はネズミが傘をさしている様子の絵画。港区の防潮扉に落書きのように描かれ、外部から「バンクシーの作品のようだ」と連絡を受けた都が今年1月に取り外して保全していた。

この日は公開前から50人ほどが列を作った。東京都江東区の男性(71)は「見ることができてラッキー。本物だと信じたい」と笑顔を見せた。

都はバンクシー本人のインスタグラムにメッセージを送り、本物かどうか確認しようとしたが返事はなかった。展示作品には「バンクシー作品らしきネズミの絵」と説明文を付けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン