EPA発効で協力強化 日ポーランド首脳会談

ヨーロッパ
経済・金融
2019/4/25 5:37
保存
共有
印刷
その他

【ブラチスラバ=児玉章吾】安倍晋三首相は24日夜(日本時間25日未明)、訪問先のスロバキアでポーランドのモラウィエツキ首相と会談した。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効を受け、経済協力の強化で一致した。安倍首相は「国際社会で存在感を高めるポーランドと緊密に連携していきたい」と述べた。

ポーランドのモラウィエツキ首相=ロイター

ポーランドはロシアに対する防衛のため米国への接近を試みている。モラウィエツキ氏はロシアや中国を念頭に「お互い大国が近くにあるため、緊密な関係を深めていきたい」と強調した。安倍首相は北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決への理解と協力を求め、同氏の支持を得た。

両首脳による2国間会談は初めて。前回は2018年10月、ブリュッセルで開いた国際会議に合わせ、東欧4カ国(V4)首脳との会合で顔を合わせた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]