/

この記事は会員限定です

ミニストップ、FC契約見直し 「24時間」柔軟に

[有料会員限定]

コンビニエンスストアのミニストップが2019年度内にもフランチャイズチェーン(FC)の加盟店と結んでいる契約を抜本的に見直す。競争激化などで経営環境が厳しくなっていることを受け、加盟店の自主性を高めて、利益配分なども修正する。セブン―イレブン・ジャパンもセルフレジの導入などで人手不足に直面する加盟店を支援する。24時間営業問題を巡り事業モデルのあり方を問われるコンビニ大手が対応を急いでいる。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン