川内原発、停止の可能性 規制委がテロ対策延期認めず

2019/4/24 23:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災後、最初に再稼働した九州電力川内原子力発電所(鹿児島県)が再び停止する可能性が出てきた。原子力規制委員会が24日、原発に設置を義務付けたテロ対策施設の完成期限の延長を認めない方針を決めたためだ。関西電力や四国電力も期限に間に合わない見通しを示しており、再稼働した原発9基が相次ぎ停止を迫られる可能性もある。

【関連記事】規制委、「電力大手の甘え」に危機感

再稼働済みの川内原発1号機は20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]