/

この記事は会員限定です

特定技能、手探りの船出 受験できぬ外国人多数

[有料会員限定]

4月に運用が始まった外国人の新たな在留資格「特定技能」で、早くも課題が浮き彫りになっている。25日に外食業種の資格試験が東京と大阪で開かれるが、予想を上回る応募があり、希望しても全員が受験できない状況だ。海外での試験も当初の想定通りに進んでいない。改正出入国管理法の成立から4カ月で運用が始まり、準備不足は否めない。政府だけでなく、外国人材を受け入れる企業や業界団体にとっても初めての試みだ。手探りし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン