「忘れられる権利」見送り 個人情報保護法、20年に改正

2019/4/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が2020年に向けて検討している個人情報保護法改正の原案が分かった。個人情報の利用停止を企業に請求できる権利を新たに設ける。焦点の一つだった個人が企業に自分のデータを消してもらう「忘れられる権利」は導入を見送る。日本もデジタル時代の法規制整備に動き出したが、情報保護で先行する欧州に比べ企業への配慮がにじむ内容となった。

個人情報保護委員会が25日に公表する。現行法は17年に全面施行した。3年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]