池袋暴走、遺族が会見「一瞬で未来奪われた」

2019/4/24 20:38
保存
共有
印刷
その他

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走した事故で、妻の松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)を失った会社員の男性(32)が24日、都内で記者会見し「たった一瞬で私たちの未来を奪われた。ただ絶望しています」と語った。同様の事故が繰り返されないよう「不安がある人は、運転しないという選択肢も考えてほしい」と訴えた。

記者会見する松永真菜さんの夫(24日、東京・霞が関)

男性によると、事故直前の19日正午すぎ、テレビ電話で帰宅時間を伝えたのが真菜さんとの最後の会話だった。男性は記者会見で時折声を詰まらせながら「笑顔がすてきでやさしくて、子供思い。素晴らしい女性だった」としのんだ。

莉子ちゃんは人見知りな性格だったが、近所の公園で友達ができたばかりだったという。男性は「たった3年しか生きられない命があったということを現実的に考えていただきたい」と言葉を絞り出すように話した。記者会見は「2人のように事故で犠牲になる人を減らしたい」という思いで開いたという。

警視庁は24日、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が運転する車が暴走した事故による負傷者が新たに2人確認され、死傷者は計12人になったと発表した。2人は自転車に乗っていた30代女性と娘(2)で、19日午後、横断歩道上にいたところ、ごみ収集車と衝突してスピンした乗用車と接触して転倒した。

2人はけがはないとして現場から立ち去ったが、病院で軽傷だったことが判明し、警視庁に申告があった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]