/

この記事は会員限定です

新札で埼玉県深谷市「渋沢特需」 記念館入館者6倍に

[有料会員限定]

新1万円札の図柄に渋沢栄一の採用が決まり、故郷である埼玉県深谷市が特需に沸いている。功績を紹介する記念館の入館者は発表前の約6倍に増え、返礼品に渋沢グッズをそろえたふるさと納税のサイトにはアクセスが殺到している。地元商店も関連商品で話題を集める。人口減少で地域の消費が先細るなか、地元では「観光の起爆剤に」との期待も高まる。

財務省の新札発表後初めての日曜日となった14日、深谷市の渋沢栄一記念館に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン