/

この記事は会員限定です

那覇港に物流拠点 5月開業、アジアのハブ目指す

[有料会員限定]

沖縄県の物流の大動脈を担う那覇港。訪日外国人(インバウンド)などによる需要増に対応し、5月1日、新しい物流センターが開業する。冷凍食品などの受け入れを拡大するほか、沖縄発の貨物の取り扱いを増やす。新たな貨物需要を創出するため、空港に近い利点を生かし、「海と空」の連携にも取り組む。将来はアジア向けの物流ハブ(拠点)を目指す。

那覇空港から車で約15分。東シナ海を臨む港の一角に「那覇港総合物流センター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン