2019年7月18日(木)

タイ財閥CPタニン上級会長、中核食品会社会長を退任

東南アジア
アジアBiz
2019/4/24 19:41
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】タイ最大財閥、チャロン・ポカパン(CP)グループのタニン・チャラワノン上級会長(80)は24日、中核企業の一つである食品大手CPフーズの会長職を退いた。CPフーズが同日発表した。退任の理由は「他の事業を手掛けるため」としている。CPフーズは後任の選定を急ぎ、近く開く取締役会で任命する予定だ。

タニン・チャラワノン チャロン・ポカパン(CP)グループ上級会長

タニン氏は統括会社であるCPグループの上級会長職にはとどまり、引き続きグループ経営には携わる。CPグループは食品大手のCPフーズ、コンビニエンスストア「セブンイレブン」などを展開するCPオール、タイ携帯2位のトゥルー・コーポレーションなどを傘下に持つ巨大財閥。同氏は中核3社のうち残り2社ではまだ会長職にある。

タニン氏はCPグループ創業者の四男。事業の多角化や海外展開を進め、CPグループをタイ最大の財閥に育て上げた。同氏は2027年ごろをめどに経営の第一線から退く考えを示し、世代交代を進めている。今回のCPフーズ会長からの退任はその一環とみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。