/

この記事は会員限定です

大塚家具、航空機の内装品供給へ 中国国有の航空関連会社と連携

[有料会員限定]

経営再建中の大塚家具は、中国で航空機や空港ラウンジの内装を請け負う事業に乗り出す。中国の航空関連会社、中国航空器材集団(北京市)と年内にも高級家具やインテリアの供給を始めることで検討を開始した。中国ではビジネスジェット機の保有機数が日本の3倍以上とみられ、新規需要も堅調が見込まれる。家具の配置なども提案して富裕層を開拓する。

24日、両社が事業開始を検討する覚書を交わした。中国航空器材集団は中国で使われる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン