2019年6月27日(木)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月27日 150.834 +0.185

[PR]

商品ニュース

大豆が半年ぶり安値 中国の家畜伝染病で飼料需要減

サービス・食品
2019/4/24 19:22
保存
共有
印刷
その他

大豆の国際価格が約半年ぶりの安値をつけた。米シカゴ先物(期近)は日本時間24日夕の時間外取引で1ブッシェル8.6ドル前後と4月上旬の直近高値より4%安い。貿易量が大きい米中の関係改善が不透明なほか、中国の家畜伝染病で飼料需要の減少懸念が強まっている。

大豆は世界的に供給過剰感が強い(米国の大豆畑)=AP

中国は2018年、米国産大豆に追加関税を課し、代替としてブラジル産の輸入を増やしてきた。だが昨年に確認された「アフリカ豚コレラ」が全省に拡大しているとみられ、飼料に使う穀物の需要が鈍っている。

「ブラジル産大豆も中国向けの輸出は鈍化傾向。米国産の輸出回復はまだ先になる」(伊藤忠商事傘下の食料マネジメントサポート)との声が出ている。

米国産の在庫も潤沢だ。米農務省は18~19穀物年度の期末在庫が8億9500万ブッシェルと前年度比で2倍超に達すると予想している。米中通商交渉の長期化も嫌気され、投機筋の売りが先行した。

トウモロコシのシカゴ先物も1ブッシェル3.5ドル前後と、約7カ月ぶりの安値をつけた。米中西部産地は3月中旬に記録的洪水に見舞われたものの、天候が良好なことから作付け遅れの懸念は後退している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。