ガルーダ航空、ボーイング別機種に変更検討

2019/4/24 19:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア国営のガルーダ・インドネシア航空は、導入予定だった米ボーイングの新型小型機「737MAX8」に代えて、同社の別機種を導入する。MAX8を巡っては、5カ月の間に2度の墜落事故が発生し、世界の航空当局が飛行禁止措置をとっている。同社は3月末、MAX8型機の発注をキャンセルしていた。

ガルーダのアスカラ社長が24日、日本経済新聞社の取材に応じた。問題の発生したMAX8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]