/

LINE、最終赤字103億円 1~3月、スマホ決済投資かさむ

LINEが24日発表した2019年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が103億円の赤字(前年同期は13億円の赤字)だった。スマートフォン(スマホ)決済サービス「LINEペイ」で大規模な還元キャンペーンを行ったことなどで先行投資がかさみ、赤字幅が拡大した。

売上高に相当する売上収益は14%増の553億円だった。企業が新商品の販促やキャンペーンに使う公式アカウントの開設件数が増え、広告収入が伸びた。音楽配信サービスなども好調だった。

営業損益は78億円の赤字(前年同期は12億円の黒字)。LINEペイのマーケティング費用や人件費が膨らんだ。LINEペイなどの金融や人工知能(AI)などを含む「戦略事業」の営業損益は149億円の赤字だった。通期の業績予想を公表していないが、今期は戦略事業の営業赤字が600億円程度になるとの見通しを示している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン