地銀再生、ヒントは信金 経営理念問い直すとき
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
本社コメンテーター
2019/4/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

江戸時代、将軍から1万石以上の領地を与えられた大名が支配する土地や統治システムは藩と呼ばれた。明治になって廃藩置県で姿を消すまで、藩が年貢の徴収を柱に独立色の強い経済圏を築いたことはよく知られる。

地方の行政体として藩がうまくいった要因として、全国でおおむね250という数の妙があると聞いた。日本の国土を考えると、そのくらいに分かれているのが経済の単位としてほどよいという見方だ。そういえば、いまの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]