/

ソフトバンク、独ワイヤーカードに約1100億円出資

【フランクフルト=深尾幸生】オンライン決済サービス大手の独ワイヤーカードは24日、ソフトバンクグループ(SBG)から約9億ユーロ(約1100億円)の出資を受け入れると発表した。SBG子会社に対し、株式の約5.6%分に相当する普通株に転換できる新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行する。SBGはワイヤーカードの日本と韓国への進出を支援する。

ワイヤーカードは欧州を代表するフィンテック企業。モバイル端末を通じたオンライン決済などのサービスを世界の3万4千の企業に提供している。

SBGからの出資受け入れとあわせて戦略提携の覚書も交わした。SBGがグループ内に持つ企業とデジタル支払いやデータ分析、人工知能などの分野で協力する。将来的には新しい商品やサービスの共同開発も視野に入れる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン