2019年5月25日(土)

核酸医薬を載せた微小機械 東大などが開発

科学&新技術
2019/4/24 18:23
保存
共有
印刷
その他

川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンターと東京大学、名古屋大学の共同研究グループは24日、脳腫瘍などの難治がんを治療するための核酸医薬を搭載したナノマシン(微小機械)を開発したと発表した。動物実験で膵臓(すいぞう)がんや脳腫瘍に効果があることを確認した。

成果は英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に掲載した。

研究グループが開発したナノマシンは、siRNA(RNA干渉)と呼ぶ核酸医薬にY字型高分子が結合している。高分子をくっつけることで核酸医薬が酵素によって分解されるのを防ぎ、病巣部に届きやすくなる。

膵臓は血管の壁にあいている隙間が狭い上、間質という線維性の組織がある。脳にも血液脳関門と呼ばれるバリアーがあり、ナノマシンのサイズが大きいと血管の壁を通り抜けられず、患部に届けることが難しかった。

今回開発したナノマシンのサイズは20ナノ(ナノは10億分の1)メートル弱と超小型であることから、これらの難治がんの患部に効率よく薬を送り届けることができる。

がん細胞を次々に生み出す親玉であるがん幹細胞を死滅させる働きがある核酸医薬を載せたナノマシンを作って、人の脳腫瘍を移植したネズミで実験した。

ネズミの血管に注射したところ、100日後も全例生きており、がんもほぼ消失していた。一方、効果がない核酸医薬を搭載したナノマシンを投与した10匹は、60日程度で全例が死亡した。

今回の研究成果を使って、進行が早く治りにくい難治性乳がんを対象に都内の医療機関が年内にも医師主導治験を始める予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報