2019年6月26日(水)

日本製鋼所 風力発電機の製造から撤退

環境エネ・素材
2019/4/24 18:09
保存
共有
印刷
その他

日本製鋼所は24日、風力発電機の製造・販売事業から撤退すると発表した。2010年から13年にかけて風車の羽根の部分などの不具合が相次ぎ、16年度にすでに製造を中止している。将来も事業再開の見通しが立たないとして、撤退を正式に決めた。風力発電機の生産に使っていた工場は同社の他事業に転用しており、業績への影響は軽微という。

日本製鋼所は06年に風力発電機の製造を始め、国内で135基の納入実績がある。既設の発電機の補修については今後も対応する。国内では日立製作所が今年1月に生産からの撤退を表明。三菱重工業とデンマークのヴェスタスの共同出資会社、MHIヴェスタスが洋上風力発電機を手掛けるが、拠点は欧州にある。日本製鋼所の撤退により、国内の風力発電機メーカーは事実上なくなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報