/

この記事は会員限定です

福島第1原発 核燃料取り出し、遠隔操作の難しさ露呈

[有料会員限定]

東京電力は福島第1原子力発電所3号機の使用済み核燃料プールから核燃料の取り出しを始めた。炉心溶融(メルトダウン)を起こした1~3号機では初めてで、今後の廃炉作業が順調に進むかどうかの試金石となる。最大の難関とされる原子炉内で溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しもこれからで廃炉の出口はなお見えてこない。

核燃料は原子炉内で核分裂反応を起こして、熱を発生させて発電するために使う。鉱物として存在する天然...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン