2019年5月24日(金)

キリンHD、乳酸菌の生産拠点を新設 埼玉に20億円で

サービス・食品
2019/4/24 17:02
保存
共有
印刷
その他

キリンホールディングス(HD)は24日、食品や飲料に使う乳酸菌原料の生産拠点を新設したと発表した。埼玉県狭山市の工場敷地内に設け、25日に稼働する。投資額は約20億円。すでに自社開発の乳酸菌を使った商品を展開しているが、自社で生産する設備はなかった。2021年までの経営計画などで健康関連ビジネスの強化を掲げており、商品開発や原料の外販につなげる。

キリンHDは埼玉県狭山市に乳酸菌原料の生産拠点を新設した。

24日に開いた健康事業の戦略説明会で明らかにした。生産拠点はキリングループの小岩井乳業の工場敷地内に設ける。敷地面積は895平方メートル。自社開発で免疫力の向上をうたう「プラズマ乳酸菌」などを生産する。これまでは生産を外部企業に委託していた。

同社は飲料やヨーグルト、サプリメントで乳酸菌関連商品ブランド「iMUSE(イミューズ)」を展開する。18年の売上高は55億円で、27年までに230億円に引き上げる目標を掲げる。今後は生産設備の稼働に伴い商品原料の安定供給につなげるほか、ほかの食品メーカーに乳酸菌原料を売り込む。

すでに今月2日にはカンロとコラボした「ピュレサプリグミ iMUSE」を発売した。今後は連携する企業を広げ商品を増やす。

キリンHDは21年までの中期経営計画と、27年までの長期計画で病気予防など健康関連ビジネスを成長事業に位置づける。4月にはグループ再編で医薬品原料やサプリメントを手掛ける孫会社の協和発酵バイオを直接子会社にした。新体制で商品の開発を進める。

今後は健康関連ビジネスで海外にも進出する方針で、6月にはベトナムに新たに研究開発拠点も設ける。アジアや北米で商機を探り、事業の拡大につなげる。

(柏木凌真)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報