電通、女性向けサイトのMERYに出資

2019/4/24 16:52
保存
共有
印刷
その他

電通はこのほど、小学館とディー・エヌ・エー(DeNA)の共同出資会社MERY(メリー、東京・千代田)の第三者割当増資を引き受けたと発表した。同社が運営する女性向けサイト「メリー」は2016年に著作権侵害などの問題で閉鎖し、17年11月に再開した。月間利用者で440万人(3月時点)規模の顧客基盤を活用し、マーケティングに力を入れる。

電通が出資する女性向けサイト「MERY」

出資額は非公表。電通の出資後も小学館が引き続き株式の過半数を持つ。メリーによると利用者のうち約7割が18~25歳。電通のデジタルマーケティング子会社と共同で25歳以下の女性向けのマーケティングに注力する。メリー利用者に向け、電子商取引などの新規事業も手がける計画だ。

メリーは2016年までDeNA子会社が運営していた。16年秋以降にDeNAの運営するキュレーション(まとめ)サイトで著作権侵害などの問題が続出し、メリーを含む10種類のまとめサイトを全て閉鎖した。メリーは人気サイトだったため、17年8月に小学館とDeNAが共同出資会社を立ち上げ、同年11月に再開した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]