/

ジラフ、トレーディングカードのフリマアプリ

インターネットサービスを運営するジラフ(東京・中野)は24日、トレーディングカード(トレカ)専用のフリーマーケットアプリ「magi(マギ)」の提供を始めた。今回はアップルの基本ソフト(OS)「iOS」向けで、夏以降にアンドロイド版の提供も始める。

マギは出品されたトレカをゲームの種類ごとに分類し、保存状態などの情報も表示する。購入代金はジラフを通して出品者の口座に振り込まれる。当初は売買時の手数料は無料にして、将来は代金の5~10%の手数料を出品者からジラフが受け取る仕組みを検討する。

「遊戯王」や「ポケモンカード」などで人気のあるトレカを購入する場合、これまでは売買を手掛ける店舗やオークションサイトを利用する場合が多かった。

(斎宮孝太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン