男木島の作品 瀬戸内国際芸術祭2019

コラム(地域)
2019/4/26 6:00 (2019/7/24 17:14更新)
保存
共有
印刷
その他

(1)ジャウメ・プレンサ「男木島の魂」★★★

高松や女木島からのフェリーが発着する港の建物もまた作品だ。白い屋根はアルファベットや漢字をはじめ、各国の多様な文字で形成されている。乗船客の待合所や島民の交流館として機能している。中に入って天井を見上げれば各国の文字。天候で文字は刻々と印象を変える。船を待つ時間も退屈せずに済むはずだ。

(2)TEAM男気「タコツボル」(新作)★★★

船着き場に降り立つとすぐ目に飛び込んでくる巨大なたこつぼ。島伝統のタコ漁を題材に、島に増えつつある移住者、子どもたちの遊び場・居場所を作りたいとの島民を含むアーティストたちの思いを形にした遊具。中に入れば光るタコの目をイメージした仕掛けが施されている。

(3)村山悟郎「生成するウォールドローイング―-日本家屋のために」(新作)★★★★

廃屋の内壁をカラフルなドローイングが埋め尽くすように彩る。築90年の建物にまとわせた壁画はツタのような植物と貝殻をモチーフにした文様のよう。豊かな自然と、それを育てる島のコミュニティーにインスピレーションを受けた作家が、生物の成長と成長にともなって体に刻み込まれた時間を構造的に表現している。

(4)サラ・ヴェストファル「うちの海 うちの見」(新作)★★★★

外光を遮断して暗い空き家に一歩足を踏み入れると、タコの触手の映像が投影され、壁や天井には揺らめく光。暗闇に目が慣れてくると、光の海はより細部まで知覚される。作家が地域リサーチの中で感銘を受けた瀬戸内の美しい海を瞑想(めいそう)空間として室内に再現する試みは成功しているように見える。

(5)真壁陸二「男木島 路地壁画 プロジェクトwallalley」★★★

集落の狭い路地を歩いていると突如現れるカラフルな壁面。赤や白、オレンジ色などが縦に何本も塗られている。平地が少ない男木島では傾斜のある土地に集落が形成され、路地は狭く、独特の景観が形成された。そうした男木島の集落を歩く楽しみを増してくれる。

(6)オンバ・ファクトリー「オンバ・ファクトリー」★★★

坂の多い男木島の人たちが押し歩く「オンバ(乳母車)」。ここでは唯一無二のオンバがたくさん作られている。花や魚、自動車など様々なモチーフがあり、使う人の顔が思い浮かぶ。島を巡ればかわいいオンバを押す、かわいいおばあちゃんに会えるかも――。新たな交流を生むかもしれない、可能性に満ちたアートだ。

(7)川島猛とドリームフレンズ「The SpaceFlower・Dance・Ring(宇宙華・舞・環)」★★★★

民家の室内に足を踏み入れると、床や壁、天井と360度全方位がカラフルで細密な図案のような絵と映像で埋め尽くされている。ポップな印象の空間に身を浸すのは楽しい経験だ。部屋を出て戸外に設置された巨大な万華鏡をのぞき込めば、眼前に広がる海の青や植物の緑を取り込んだ絵画が生成されるよう。

(8)松本秋則「アキノリウム」★★★★

古民家の2階に上がると、誰もいないのに竹のからくりが不思議な音を奏でている。いつの間にか住み着いた精霊がお祭りでもしているようだ。もしかすると人間がいないところではいつも、目に見えないものたちがうごめいているのかも。そんな想像を巡らすと楽しい。

(9)グレゴール・シュナイダー「未知の作品2019」(新作、夏秋のみ)★★★

島に目立つ空き家。その建物と庭を墨汁で真っ黒に染めた。まるでその一角だけが焼け野原から移植されてきたようだ。黒い色は「不在」を表すという。しかし、手つかずの空き家そのものが不気味な「不在感」を示すのを、我々は日常的に目にしている。この黒染めの空き家は、それ以上に「不在」を表現しえているだろうか。

(10)高橋治希「SEA VINE―波打ち際にて―」★★★

急な坂を上った先にたどり着いた見晴らしのよい空き家。窓からは光る海を望む。明るい室内には瀬戸内に自生する12種類の植物を模した磁器製のつるが広がる。うずまくようなつるは波や風を表現するようにもみえ、蝶や鳥が描かれた白い磁器の鈍い光が軽やかな命を感じさせる。

(11)遠藤利克「Trieb―家」(新作、夏秋のみ)★★★★

人が住まなくなって、かなり長い期間がたった空き家。神棚は落ちかかり、床はところどころ抜けている。壁も破れ、外の景色が丸見えだ。人が暮らした面影はもはやない。唯一、作家が手を加えたのは、天井のある1カ所から毎分6トンもの水が滝のように落ちるしかけ。ごう音が響き、静寂を侵している。未知の存在と遭遇してしまったような、奇妙な体験ができる。

(12)リン・ティェンミャオ「自転―公転」★★★

日用品が棒につながれ、横回転したり、縦回転したり。その品々に目を凝らすと、藤まくらに熊の置物、虎の張り子、ひょうたん……。いつか祖父母の家で見たような、少し懐かしい香りのするものばかりだ。シュールさに、にやける。

(13)栗真由美「記憶のボトル」★★★

昔の写真やおもちゃ、人形、アクセサリーなど、島の人たちの小さな思い出の品々がボトルに詰められ、蔵の天井から降り注ぐようにつるされている。柔らかな光が、人々のぬくもりを感じさせる。

(14)漆の家プロジェクト「漆の家」★★★

香川の漆芸家たちが、古い家屋を丸ごと漆で塗った。黒い室内は乱舞するホタルのような、満天の星のような空間だ。塗り重ねた漆を削ってグラデーションを表現する「彫漆」と呼ばれる技法が使われている。先人の独創性に驚かされる。

(15)大岩オスカール「部屋の中の部屋」★★★

足元に床の間。壁には畳が敷いてあり、その上にちゃぶ台も置かれている。部屋が90度回転してしまっているのだ。不思議な空間に、思わず首を傾けてしまう。瀬戸内の海と思われる正面のふすま絵がとりわけ存在感を放つ。

(16)山口啓介「歩く方舟」★★★★

ほぼすべての作品がフェリーが発着する西側の集落に集中するなか、この作品だけが東側の海に面した場所にある。路地から海沿いの道へ歩いて約20分。山のようにもキノコのようにも見える方舟から8本の脚が生えている。海に突き出した突堤から、海へと歩いて行く。ユーモアあふれる楽しい作品。

(17)レジーナ・シルベイラ「青空を夢見て」★★★

学校の体育館の正面が青と白に塗られている。瀬戸内の海と空、雲をイメージしたのだろう。作品は空とつながり、海ともつながっていくかのようだ。学校の敷地は立ち入り禁止なので注意。

【関連記事】「瀬戸芸」夏会期 作品を5段階評価

【各島・港の作品ページ】
(1)直島
(2)豊島
(3)女木島
(4)男木島
(5)小豆島
(6)大島
(7)犬島
(8)沙弥島
(9)高松
(10)宇野
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]