/

ハチドリ、シフトアプリに勤怠管理機能

チャットボット(自動応答システム)開発のhachidori(ハチドリ、東京・千代田)はシフト管理アプリに勤怠管理の機能を設けた。飲食店などのパートやアルバイトがスマートフォン(スマホ)上で出勤や退勤を打ち込めるようにした。非正規雇用社員の勤怠管理は紙のタイムカードを使うことが一般的。労務管理のデジタル化を後押しする狙いがある。

アルバイト管理アプリ「CAST(キャスト)」で提供を始めた。アルバイトが出退勤を打ち込んだ際の位置情報を取得できるようにするという。勤怠データの管理に加え、マイナンバーなどアルバイトの入社手続きに必要な個人情報をアプリ上で提出できる機能も設けた。

CASTは2018年5月にサービス提供を始めた。導入する店舗の責任者はアルバイトにシフトの提出を依頼し、現場からの返信に基づいて効率よくシフトを組める。チャット機能も備えており、すべての業務連絡をスマホで完結できることが特徴だ。

(駿河翼)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン