2019年6月20日(木)

アルバイト外国人の4人に1人、「履歴書が大変」

就活
サービス・食品
2019/4/24 15:52
保存
共有
印刷
その他

日本語で履歴書を準備するのが大変――。日本でアルバイトをする外国人の4人に1人がそう考えていることが24日、マイナビ(東京・千代田)の調査でわかった。人手不足が叫ばれるなか、外国人労働を受け入れる企業の姿勢には改善の余地があるようだ。

調査によると、日本に住む外国人のうち、アルバイトを探す際に大変だと思うことに「日本語での履歴書など、書類の準備」を挙げた人が27.9%に上った。「求められる日本語レベルが高すぎる」(26.5%)を上回った。「企業の受け入れ体制が整えば、大変だと思う外国人は減るはず」(マイナビ)

日本に住む外国人がアルバイトを探す際に魅力を感じる条件を聞いたところ「外国人を歓迎している」が48.6%で最多となった。「給料が高い」(41.8%)を上回り、働きやすい環境が求められていることがわかる。

調査では、外国人が日本で働く際に礼儀作法に関する違いを感じることが多いことも分かった。日本で働いてみて感じた母国とのギャップを聞いたところ、上位3つに「挨拶・マナーが厳しい」「時間に厳しい」「上下関係が厳しい」が並んだ。

調査は日本でアルバイト経験があり、日本に住んでいる15歳以上の外国人を対象に、3月18日~4月1日にネットで実施。294人から回答を得た。

(橋本剛志)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報