/

この記事は会員限定です

平成都政史・五輪会場 当初案で落着

[有料会員限定]

「GHQとして乗り込んだわけではない」。2016年9月、就任直後の小池百合子知事は庁内の会議で居並ぶ幹部を前に言い放った。だが、その言葉はまさに当時の雰囲気を物語っていた。

小池知事は都議会自民党を中心とする都庁の意思決定を「ブラックボックス」と批判し、知事選で大勝した。争点に据えたのが、世論の関心を集めやすい築地市場の移転問題や東京五輪・パラリンピックの準備だ。とりわけ大会経費をやり玉に挙げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン