2019年5月24日(金)

経産省と東証、「攻めのIT経営銘柄」発表 ANAに栄冠

AI
IoT
フィンテック
科学&新技術
BP速報
2019/4/24 15:10
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

経済産業省と東京証券取引所は2019年4月23日、「攻めのIT経営銘柄2019」の選定企業29社を発表した。攻めのIT経営銘柄では、経営革新、収益水準/生産性の向上をもたらすIT利活用に取り組んでいる企業を選定する。

東証に上場する全企業にアンケート調査して、経産省と東証が決めた項目と財務状況をスコアリングし、選考委員会で29社を選んだ。今回は経産省が18年12月に公表した「DX推進ガイドライン」に基づいて、経営層が強くコミットしながらデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている企業を高く評価した。

選定企業29社は以下の通り。先進的な取り組みをしているデジタル時代を先導する企業として、ANAホールディングスを「DXグランプリ」に選定した。

攻めのIT経営銘柄2019に選定された29社。このうち、ANAホールディングスが「DXグランプリ」となった(出所:経済産業省と東京証券取引所の資料を基に日経 xTECHが作成)

攻めのIT経営銘柄2019に選定された29社。このうち、ANAホールディングスが「DXグランプリ」となった(出所:経済産業省と東京証券取引所の資料を基に日経 xTECHが作成)

(日経 xTECH 白井良)

[日経 xTECH 2019年4月23日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報