巨大IT規制、社名公開や独禁法適用へ 政府案提示

2019/4/24 15:09 (2019/4/24 18:38更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は24日、プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT(情報技術)企業に対する規制案をまとめた。違反行為があった場合の初期対応としてIT大手の社名を公開するほか、企業規模などを背景に取引相手に不利な条件をのませた場合に独占禁止法の「優越的地位の乱用」を適用することなどを盛り込んだ。米グーグルなど「GAFA」のサービスの利便性を認めつつも、利用者の保護を高める狙いだ。

経済産業省、公正取引委員会、総務…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]