就活生セクハラ防止で決議 衆院委、パワハラ法案可決で付帯

2019/4/24 12:31
保存
共有
印刷
その他

衆院厚生労働委員会は24日、職場のパワーハラスメント防止義務を新設する女性活躍推進法などの改正案を賛成多数で可決した。自民、公明両党に加え、立憲民主党、国民民主党などが賛成し、共産党は反対した。25日の本会議で衆院を通過する見通し。フリーランスや就職活動生らへのセクシュアルハラスメント防止に向けた対策を求めるなど17項目の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]