/

この記事は会員限定です

令和婚に押しやられる平成のマーケ遺産

[有料会員限定]

平成も残りわずか。最後のヒット商品は何かと探してみると、皮肉なことに令和への改元消費ばかりが目に付く。例えば結婚式。「平成最後の日と令和初日とどちらが多いのか」と式場会社に聞くと、勝負にならなかった。平成最後の日は仏滅で、令和初日は大安吉日だったのだ。

もちろん人生の門出なので「半数は新元号だから」(テイクアンドギヴ・ニーズ)という理由で令和を選ぶ人が多いのは当然か。しかも「5月1日は恋と読める」(エスクリ)からとか。恋と結婚は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン