2019年5月21日(火)

トランプ氏、フォロワー減に不満 ツイッターCEOに

ネット・IT
北米
2019/4/24 11:12
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は23日、米ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。会談は非公開で行われたが、米ロイター通信は関係者の話として、トランプ氏は自らのアカウントのフォロワー数が減少した理由に関する質問に多くの時間を割いたと伝えた。

トランプ氏のツイッター

トランプ氏のツイッター

ツイッターは2018年以降、サービスの健全性を高めるために利用規約に違反したアカウントの削除に力を入れている。偽アカウントを一斉削除した18年7月にはトランプ氏のフォロワー数が1日で0.59%減少した。トランプ氏はかねてこうした事態への不満を示しており、会談前の23日午前にはツイッター上に「多くの人々から大きな苦情が寄せられている」と投稿していた。

ツイッターなどのソーシャルメディアをめぐっては、16年の米大統領選でロシアによる偽ニュースの組織的な投稿などの介入を許したとの批判も根強い。ツイッターによると、ドーシーCEOとトランプ氏との会談では、20年の大統領選に向けた対策なども話し合われたという。

会談終了後にトランプ氏は「彼らのプラットフォームと、ソーシャルメディア全般に関する多くの問題が議論された」とツイートし、ドーシーCEOらとの会談風景の写真も投稿した。「開かれた対話を続けることを楽しみにしている」とも書き込み、ツイッター側の説明に一定の理解を示したもようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報