2019年6月16日(日)

山形空港、滑走路の運用可能に FDA機離陸失敗

2019/4/24 9:45
保存
共有
印刷
その他

山形空港(山形県東根市)でフジドリームエアラインズ(FDA)の旅客機が離陸に失敗して滑走路を逸脱したトラブルで、運輸安全委員会の航空事故調査官は24日、現地調査を始めた。関係者の聞き取りや機体の確認などを実施。終了後に記者団に状況を説明する見通し。

山形空港で離陸に失敗し、滑走路を逸脱したフジドリームエアラインズの旅客機を調べる調査官ら(24日午前6時41分)=共同

機体は滑走路脇の緑地から空港ビルの近くに移され、調査官は車輪を調べるなどした。

空港では24日午前、山形と羽田、山形と大阪を結ぶ計4便が欠航したが、滑走路は通常通り運用可能になった。

FDAによると、当該の山形発県営名古屋行き386便エンブラエルERJ175は2016年6月に新造機として購入。飛行時間などにより義務付けられている「重整備」は今年1月に行われた。

トラブルは23日午後4時45分ごろ発生し、直後に滑走路は閉鎖された。乗客乗員64人にけがはなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報