/

この記事は会員限定です

米ナスダック最高値 「3つの懸念後退」が押し上げ

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米国の金融市場で投資家がリスク選好を強めている。23日の株式市場ではハイテク株中心のナスダック総合株価指数が約8カ月ぶりに最高値を更新し、原油先物も半年ぶりの高値圏にある。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ姿勢や世界景気の減速、低調な企業業績といった「3つの懸念」が相次ぎ和らぎ、あふれるマネーがリスク資産に向かう構図だ。

「多くの市場参加者がFOMOにとりつかれている」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン